2012PJ:住戸中央部に配管スペース

Pocket

厚肉床壁工法を採用し、耐震性を確保しながら梁のない住戸を実現する。住戸中央付近に共用部扱いのパイプスペースを配置。パイプスペースは吹き抜けとし、自然採光と換気を促進する。長期優良住宅先導事業に選ばれた。

Comments are closed.