2012PJ:高層階で中間層免震

Pocket

4〜24階がオフィス、25〜33階が住宅の超高層ビル。オフィス階はS造、住戸階はRC造で、その境に免震層を設置。用途ごとに最適な構造を選択することで安全性の向上を図った。外装にはプレキャスト縦ルーバーを採用。

Comments are closed.