液状化被害で浦安の長屋住民が三井不動産を提訴

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 液状化被害で浦安の長屋住民が三井不動産を提訴
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

東日本大震災で地盤の液状化被害を受けた千葉県浦安市の住民が、三井不動産などを相手取って約7億円の損害賠償を請求する訴訟を、2012年2月2日付で東京地方裁判所に提起した。同社が原告の区分所有する住宅を1981年に分譲した際、敷地に液状化の…

Comments are closed.