“新築偽装”が引き渡し後に露見

Pocket

Aさんは住宅会社のB社に外装材の補修を要求するとともに、完成から1年以上たった住宅を新築として販売したことをとがめた。するとB社は、「当社の社内規定では完成後2年以内なら新築です」と返答した。

Comments are closed.