住宅地の土壌汚染発覚

Pocket

土壌汚染に対する社会的関心が高まっている。いくつかの自治体が条例を制定しているほか、国レベルでもようやく立法化にこぎ着けた。行政規制とは別に、土地の売買や住宅の建築請負などの場合に土壌汚染が発覚すれば、民事上のトラブルになる。土地所有者だけでなく、設計者や施工者も専門家としての責任を問われる。

Comments are closed.