暮らしに家を合せる


 人が暮らすための家づくりには、10年先、20年先をよく見ることが大切だと分かっていても、
人の暮らしは流動的なために、はっきりとは予測できないことも多々あるのです。
そのため、後で形を変えやすい、他の用途にも使える柔軟性のあるリフォームの
プランを検討してみてください。

家の形に合わせて暮らすのではなく、家を人の暮らしに合わせて形を変えていくことが、
「ライフサイクル」をきっかけにしたリフォームの基本です。

葬儀後の通知は1~2週間以内に


 「お葬式をする意味」のひとつに、「社会的に死を知らせる」ことがあります。人は一生の間に、
多くの人とのかかわりをもちます。通夜、葬儀を近しい人だけですませた場合は、こうした人たちに
対して、ていねいな死亡の知らせを出しましょう。

 家族葬のあと、少なくとも1~2週間のうちには、死亡を知らせる通知を出しましょう。
家族葬を選んだその理由も記し、周囲の人にも、故人の遺志を尊重した形であったことを、
納得してもらうようにしましょう。

オリジナルな文面で


 一般に、葬儀前に出す死亡通知は、黒枠のついたはがきに葬祭業者が用意したひな形の文面を
印刷したものを用います。

 しかし、家族葬を行ったあとで出す死亡通知は、いうならば「告別式」に代わるものですから、
オリジナルな文面の手紙にしたいものです。

 内容も、あまり形式にとらわれる必要はありません。臨終の様子や故人の思い出など、
自由に書いてもかまいません。

主な内容は、
1.死亡の知らせ/故人の名前、死亡日時、死亡原因、死亡年齢を知らせる。
2.臨終の様子や遺族の気持ち
3.葬儀をすませたことを報告/故人の遺志を尊重したものであることなどを書き添える。
4.故人の思い出
5.生前の厚誼へのお礼
6.その他/香典の辞退など

家族のみで葬儀をし、近々に「お別れ会」を開く予定があるときは、死亡を知らせる通知とお別れ会の
知らせを兼ねてもよいでしょう。

なお、死亡を知らせる手紙は、時候のあいさつなどは省略します。

お悔み状へのお礼の手紙


 お悔やみ状をいただいたら、お礼状はできるだけ早く出しましょう。
お悔やみ状は、故人の死を悲しみ、遺族をなぐさめる手紙ですから、お礼状も、先方のその厚意に感謝
する気持ちを第ーに伝えましょう。

 そのほか、生前故人がお世話になったお礼や、故人の思い出、遺族として、
今後の交誼をお願いする言葉などを連ねます。

死亡を後で知った人への対応


 身内だけの葬儀を知った人から、「私も最後のお別れをしたかったのに」と言われることもあるかと
思います。

 もし故人が自分の意志を、工ンディングノートなど書面で残している場合は、弔問のときに見せて、
理解を求めるといいでしょう。

新着記事

訃報:吉田あつしさん 53歳=筑波大システム情報系教授、東京大大学院公共政策学連携研究部特任教授、都市経済学専攻 /茨城 – 毎日新聞
訃報:吉田あつしさん 53歳=筑波大システム情報系教授、東京大大学院公共政策学連携研究部特任教授、都市経済学専攻 /茨城毎日新聞吉田あつしさん 53歳(よしだ・あつし=筑波…
戸建て住宅の境界で施工可能な液状化対策工法
ケミカルグラウトは、戸建て住宅向けの液状化対策工法「エコタイト」を開発した。円柱状の地盤改良体を造成する噴射かくはん工法で、施工機械を小型化したことによって、狭い場所や…

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - トップページ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
tweetmeme_style = 'compact';tweetmeme_url='http://www.fiddlestickspub.com/';